メッセージ

writing_L意志あれば道あり

菅義偉・衆議院議員からご自身のこの座右の銘をお聞きした時、
どういう意味があって選んだのか正直わかりませんでした。

朝から晩まで野球に打ち込んだ少年時代、
家業閉鎖で目標を見失った学生時代、
社会の厳しさと優しさを知ったサラリーマン時代、
一人の人の大切さを学んだ秘書時代、

苦しみ、痛み、悩み、模索と葛藤を続けながらでも、強い意志で行動し努力すれば必ず誰かが見てくれている・・・。
東北から集団就職で上京、苦学の末に横浜市議、衆議院議員として連続当選を重ねてきた菅さんらしい座右の銘であり、
自分自身の中にも同じ感情を抱くようになりました。

政治の場での活躍を願って選挙で応援してくれる人たち、
公私共に支えてくれる人たち、
そういう人たちとの出会いによって、一緒に何かをつくっていくことの大切さに気付かされました。

一人の人にこだわり、一人でも多くの人をつなぎたい。
公人として生きることへの責任の重さを学んだ政治家時代、
夢と希望、誇りがもてる未来へ。

世代を、つなぐ。

横浜市会議員・遊佐大輔