統一地方選2015


yusapromise  yusapromice2

2015年統一地方選挙

FullSizeRender (2)

FullSizeRender (3)  FullSizeRender (16) - コピー

 

ゆさ大輔です。

今日は寒い中、足を止めて耳を傾けてくださって、本当にありがとうございます。
選挙は今日が最終日。これが最後の街頭演説になります。
この選挙で宣伝カーが走った距離は約1000キロ。その距離は横浜から函館まで、歩行も含めて南区内を走ってきました。
そして、応援の声や厳しい声も含め、真摯に耳を傾けてきました。
どのご意見もありがたく、感謝の念に堪えません。

私はこの4年間の活動の中で、ゆさ大輔という一人の政治家として、皆さんと一緒に政治をする土台を作ってきたと思っています。
地元南区での継続した活動、休むことなく走り続け、地元の皆さんの声を聞くことで横浜市政に声を反映してきました。
そして今日は、東日本大震災から4年プラス1か月。
いつまでも震災直後の選挙だったことを忘れずに、東北にも足を運び続けることで、少しでも後方支援させていただきたい、
その想いをカタチに変えてきました。

そして、私が政治家として作ってきた土台に対して道を作ってくれたのが、地元の皆さんです。
ただ、その道は細くて長い長い道でした。
同時に、一人ではできないことでも、信頼関係を築いてみんなで力を合わせれば大きな山を動かせるという、希望に満ち溢れた道でした。

ただ、残念ながら1期生、33歳の私には、その道の先に何があるのか今はわかりません。
でも、この選挙を通じて、道を作ってくれた先輩たちや仲間たちに感謝しています。
なぜならば、一生懸命になれるからです。
大学を辞めて、ゴミ工場で働きながら、それでも未来を諦めなかった20代前半。
すが議員と出会って、人と人とが信頼関係をつくるためには、いかに時間がかかるのかを教えていただいた秘書時代。
継続に勝るものはないと教わった4年間の議員生活。
すべての経験と出会いに感謝しています。
最高の選挙区で、最高の仲間に囲まれて、最高の選挙ができたこと、本当にありがとうございます。

明日は投票日。最後の最後まで全力で頑張ります。
必ず勝ちます。勝って、再び戻ってきます。
9日間、皆さん、本当にありがとうございました。
(2015年4月11日(土)最終日マイク納めにて)