被災地への想い


東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

祖父の故郷が東北・宮城県であること、震災の一か月後に初めて選挙を経験したことから、
2011年4月の初当選以来、被災地に直接届ける募金活動を継続しています。

また、震災の教訓を横浜でも活かしてきました。

議会では小・中学校における放射線測定の早期完了、全国初となる崖地対策のルールを立案。

地元では被災地訪問でご縁をいただいた方々、地域の皆さんと一緒に「ゆさ祭り」を開催。

これからも「すぐやるべきこと」「できること」「やりたいこと」しっかりと分けながら、
いつまでも東北を忘れずに後方支援させていただきます。

 

hisaiti2

 

宮城県知事からメッセージが届きました。

東北にお住まいの女性からメッセージが届きました。

復興支援グループにメッセージを送りました。

初心を忘れず未来に希望がもてる明るい横浜・南区をつくります。

*私を育ててくれた南区・横浜を大切にしながら地元での活動に全力を尽くした上で、被災地への後方支援を継続させていただきます。

*被災地から選挙応援に来ることはありません。東北が復興したと感じられた時点で地元の方々とお会いいただく機会をつくります。

*震災遺児・孤児のための募金を継続しています。