ゆさ大輔物語 横浜市会議員編 


yusa_title_shikaigiin

「イベントなどでお預かりした募金を直接、被災地に届けよう」その活動は十数回を超えて、現在も継続中。

 

ゆさの募金活動
南区・横浜のことも。地元の声をカタチにするため、議員として地域課題に取り組み一緒に解決していく。

29.相談事

 

500校を超える市内の小学校・中学校。
原発事故の影響で放射線量に不安の声。一日も早く全校で測定しなければ・・・。

28.放射線-2
行政に早期測定を求めるも「測定する機械もないので、約1年かかる」との回答。議員からは「それは行政の仕事。議員の仕事ではない」「失敗を考えると動くべきではない」など多くが消極的な声。

23.放射線

「それじゃダメだ!すぐにやるべきことなんだ!」と決断。学校を毎日訪問している薬剤師さんに測定を依頼。他議員の後押しもあり、最終的に3ヶ月で全校を測定。

 

そして、市内に約1万件ある、がけ地問題の解決に着手!

 

<南区堀之内町のがけ地の場合>

1.秘書時代、地域から相談を受ける

2.超党派で現職議員に相談するも効果的な対策はなし

3.実際にがけ崩れが発生

 

25.がけ地

<対策が進まなかった理由>

1.民地がけ、自然がけがある

2.国、県、市、民間の土地が混在

3.そもそも相談に応じてくれる部署がない

26.がけ地2

行政とも信頼関係を築き、これまでに4本の矢を解き放つ。さらに、新たに3本の矢を準備中。横浜版・がけ地対策を全国に!
(詳しくはNAVERでまとめられています。)

 

 

30.ゆさ祭り

地元の方々、東北へ足を運び続けて出会った方々と一緒に、「ゆさ祭り~ふれあい縁日~」を企画。
3000名を超える来場者とともに地域活性化・復興運動。

4年間の集大成として2期目の選挙へ・・・。

ゆさが世代をつなぐ
子どもも大人も、明るい未来にむかって・・・世代をつなぐ。

p.s.祖父は他界。父は現在、数名の社員を抱える会社を経営。


1,ゆさ大輔 学生編へ
2,ゆさ大輔 社会人編へ
3,ゆさ大輔 秘書編へ
4,ゆさ大輔 候補者編へ

 


ゆさ大輔物語 TOPへ